mainImg_kouraininjin

効能もあり栄養価も高い高麗人参購入のススメ

高麗人参と言えば高級な健康食品というイメージがありますが、古くから漢方や生薬として利用されており、現代の医学でもその効能が評価されています。
私達が普段食べているセリ科のにんじんとは違い、ウコギ科の植物です。
ウコギ科にはウドやタラノキなどがあります。
朝鮮半島や中国の東北部、ロシアの沿岸部などで自生しています。
野生のものは珍重されており高価ですが、大変貴重です。
流通しているものは栽培されたもので、六年栽培された六年根は栄養価も高いとされています。
5月の中旬にかわいい小さな花を咲かせ、赤い実をつけます。
成長が早い植物ではなく、以前は栽培も難しいとされていました。
販売されているものは朝鮮半島や中国で栽培されたものが多く、日本でも栽培されています。
産地や生産方法などの情報をよく集め、購入の際には安全性の高い商品を選ぶ必要があります。
産地の中には農薬や化学肥料の基準が確かではない国も含まれますので、信頼の置けるメーカーや販売店、薬局などで購入することをおすすめします。
高麗人参は生の状態でも販売されていて、薬膳や薬用酒を作るときに利用します。
乾燥ものも料理やお酒につけて利用したり煎じて服用するなどの利用法があります。


中でも薬用酒http://www.myrtlebeachimax.com/08carrot.html
簡単に作ることができるのでお勧めです。
生や乾燥もの高麗人参とホワイトリカーなどのアルコール度数の高いお酒であれば作ることができます。
その効果を確かめるのであれば、粉末タイプのもので簡単に試して見ることもできます。
ホワイトリカーやブランデーなどのお酒1800ミリリットルを一升に対して、生なら200ぐらむ、乾燥ものなら100グラムほど漬け込めばいいだけです。
漬け込む際は、よく泥や汚れを取り水分をよく拭きとって漬け込みます。
汚れや泥などが残っているとカビの原因になってしまうこともあります。
保存や管理はそれほど神経質になる必要のなく、時々様子を見てやれば十分です。
生のものなら一ヶ月から二ヶ月で飲めるようになります。
乾燥ものは少々時間がかかりますが、三ヶ月から四ヶ月で飲めるようになります。
アルコールの血行促進効果やリラクゼーション効果、高麗人参にも同様の効果があり、さらにアミノ酸やサポニンなどの健康効果の高い成分も含まれています。
毎日少量、10CCほど飲めば、毎日の体の疲れを取りストレスも解消できて明日の活力を与えてくれます。
簡単にできてコストパフォーマンスも高いのでおすすめの利用法です。
▼おすすめの高麗人参茶はこちら