mainImg_kouraininjin

古くから注目されている高麗人参は癌にも効果がある

高麗人参という言葉を見ると、体に良い漢方薬だというイメージが湧きます。
高麗人参は万能薬として古くから人々の生活に取り入れられています(詳しくはhttp://15ne.jp/ban.html)
ですが、体に良いという効果の中には癌細胞の増殖や転移を抑制する効果や、発生を予防する効果が報告されています。
予防のためや現在治療中の方は漢方の高麗人参の摂取を一度お考え頂いてみても良いと思います。
そもそもは薬用人参と呼ばれており、朝鮮半島に自生していたウコギ科の多年草で、たくさんの栄養成分を含んでいる根っこの部分が、約5千年前から不老長寿の薬草として使用されています。
また、別名では朝鮮人参や単に人参と呼ばれる事もあります。
産地は全体の70%以上が韓国と中国で栽培されていますが、日本でも江戸時代から栽培されています。
根の部分の有用成分はジンセノサイドと呼ばれるサポニン群で、糖尿病や動脈硬化、滋養強壮などに効果があり、古くから服用されています。
副作用がなく栄養価が最も高い高麗人参http://www.toolbarsoftware.com/kk6.htmlこれが愛される理由です。
漢方では他の漢方の薬効を強める働きがあるといわれ、単体ではなく他の漢方と併用する場合もあります。
それが今癌治療に良い効果をもたらすものとして注目を浴びています。
これまで滋養強壮や糖尿病、動脈硬化に効果があるとされてきましたが、癌にはどのような良い作用があるのかご紹介致していきます。


これまで、気を高めるものとして滋養強壮に効くとされ多くの方が利用されてきた高麗人参ですが、現在、その効果は癌にも効果があるとされており、大変注目されています。
体の抵抗力や自然治癒力を高める代表的な根の部分の成分はサポニンと呼ばれる物質です。
サポニン自体は様々な植物に含まれておりますが、人参サポニンはジンセノサイドというステロイドホルモンと似た構造を持っているサポニンが主成分で、10種類以上のジンセノサイドが知られております。
人参サポニンはタンパク合成を促進され、新陳代謝や免疫力を高める効果があります。
がん細胞を殺し、転移を抑制することも報告されております。
サポニンには抗酸化作用もあり、発がん物質による遺伝子の変異を抑える作用を持つ人参サポニンも報告されています。
サポニン以外にもセスキテルペンなど抗がん作用のある成分が数多く発見されており、様々な成分の複合的な結果によって抗がん力を高められるのです。
食欲不振や気力減退、倦怠感、滋養強壮などに効果をもたらし、さらにがん細胞の増殖や転移を抑制する効果や発生を予防する効果があることが分かってきた高麗人参を、予防をお考えの方や、現在治療中の方々に是非おすすめ致します。 また、健康以外にも美容にも大変効果的な高麗人参です。 詳しくはhttp://www.yukuru.jp/cos.html